慰謝料の相場

Pocket

交通事故に遭った際、慰謝料はいくらもらえるのか、相場はどれくらいなのか、また、保険会社から提示された金額に納得がいかないなどの人が多くいます。ここでは、交通事故での慰謝料の相場について、ご説明します。

基準には、強制加入保険の自賠責基準任意保険基準、弁護士に依頼する事で請求できる弁護士基準の3つがあり、金額が最も低いのが自賠責基準、最も高いのが弁護士基準になります。自賠責保険による算出方法は、4,200円×治療期間もしくは実通院日数の少ない方で計算されます。弁護士基準による算出方法は、損害賠償額算定基準を基にし、自賠責の2倍以上の金額が設定されています。任意保険は自賠責でカバーできない分を補う保険で、自賠責よりも高い基準で設定されていますが、保険会社によって異なり非公開となっている為、詳しい金額はわかりません。

自賠責の賠償額の相場は死亡時の場合、約7,130,000円、損害や後遺障害時では約148,000円であり、任意保険では死亡時約19,500,000円、損害や後遺障害時は約598,000円となっています。等級別の後遺障害慰謝料の相場でも、1級では自賠責が11,000,000円、任意保険では13,000,000円弁護士基準では28,000,000円となっており、弁護士基準は他の2つと比べ、倍以上になります。最も高額な慰謝料を獲得するには、弁護士への依頼が必要不可欠と言えます。

慰謝料請求を弁護士に依頼するメリット

Pocket

交通事故での慰謝料請求の際、弁護士に依頼する事を、お勧めします。ここでは、その理由について弁護士に依頼した場合のメリットについて、ご説明します。

弁護士に依頼する際の最大のメリットとして、慰謝料や損害賠償金の増額が見込めると言う点です。通院や入院した場合に支払い対象となり、その期間に応じて算出される障害慰謝料は、自賠責保険の場合1日4,200円という決まりがあります。

しかし、治療日数を基準とするのか実治療日数を基準とするかで大きく金額も変わります。また、後遺障害慰謝料では今後も回復が見込めず、交通事故との因果関係が明確でなければお金が受け取れません。痛みがあっても後遺症が後遺障害と認められない場合、素行手続きを行って争う事もあります

これらの場合、専門的知識のある弁護士によるサポートは必須となり、被害者側が納得出来る妥当な金額の慰謝料を受け取れる可能性が大いに高まります。その他、専門的知識のない一般人では反論できない保険会社との交渉も、経験豊富で示談交渉を知り尽くした弁護士に依頼する事で、示談交渉がスムーズに進み、納得のいく金額をもらえる可能性も高まります。また、示談交渉でのストレスや手間などの心身の負担が軽減できるのも、大きなメリットと言えます。