弁護士に依頼するタイミング

Pocket

交通事故に遭った際、相手の保険会社との示談交渉や通院、後遺障害の等級認定手続きなど、やらなければならない事がたくさんあります。自分の想い通りにはなかなかいかず、ストレスを感じる事も多々あります。特に慰謝料などの賠償金については交渉がもつれる事もあり、そういった場合は弁護士に依頼した方が賢明です。ここでは、弁護士に依頼するタイミングについて、ご説明します。

弁護士に依頼するタイミングとしてベストなのは、交通事故直後です。警察に連絡するまでは誰でも出来ますが、その後、どういった流れで手続きを行えば良いのかわからない事が多いからです。傷害を負った場合、病院選びや通院頻度などの選択を誤ってしまうと、後々賠償金請求の際に不利になる事もあります。弁護士に相談する事で被害者が有利になるようアドバイスがもらえます。人身事故の場合、直後に示談交渉を行う事はしません。完治後、もしくは症状固定後示談交渉が開始されます。

更に症状固定後は、後遺障害等級認定請求もしなければなりません。このような場合は、専門知識が無ければ手続きも行動もできません。最初から弁護士に依頼しておく事で、わからない事などいつでも相談でき、効率良く手続きを進める事が出来ます

交通事故に遭った場合

Pocket

交通事故は、全国で毎日に約2000件前後発生しています。交通事故は決してい他人事ではなく、誰にでも起こり得る事であります。ここでは、交通事故に遭った際、一体どのような行動をとればよいのかを、ご説明します。

まずは警察に連絡します。交通事故に遭った場合、気が動転してパニックになる人もいますが、初めに必ず警察には連絡します。自分が加害者、被害者に関わらず出来るだけ自分で連絡します。この時、相手が逃げてしまったり、警察に連絡する事を拒否されるケースもありますが、警察に連絡する事は義務ですので相手が何と言おうと呼ばなければいけません。次に、相手の車両ナンバーや氏名、住所、連絡先などの基本情報を確認し、現場の記録を残します。衝突部位や破損部位、任意保険や自賠責保険の保険会社名、また、自動車の持ち主と運転者が異なる場合もあるので、車検証や免許証を確認する事もお勧めします。

更に、目撃者の証言を確保しておくと、後々有利な証拠となる可能性もあり、警察や保険会社からの信用も得られます。最後に病院へ行き、診てもらいます。特に目立った外傷がなくても、後になって痛みが出てきたり、損傷している部位が出てくる可能性があります。傷害があると診断された場合は診断書を作成してもらい、警察で人身事故に切り替える手続きをします。保険金を請求する際は、自動車安全交通センターから交通事故証明書の交付を受け、自分の契約保険会社への連絡も忘れずにします。