弁護士に依頼するタイミング

Pocket

交通事故に遭った際、相手の保険会社との示談交渉や通院、後遺障害の等級認定手続きなど、やらなければならない事がたくさんあります。自分の想い通りにはなかなかいかず、ストレスを感じる事も多々あります。特に慰謝料などの賠償金については交渉がもつれる事もあり、そういった場合は弁護士に依頼した方が賢明です。ここでは、弁護士に依頼するタイミングについて、ご説明します。

弁護士に依頼するタイミングとしてベストなのは、交通事故直後です。警察に連絡するまでは誰でも出来ますが、その後、どういった流れで手続きを行えば良いのかわからない事が多いからです。傷害を負った場合、病院選びや通院頻度などの選択を誤ってしまうと、後々賠償金請求の際に不利になる事もあります。弁護士に相談する事で被害者が有利になるようアドバイスがもらえます。人身事故の場合、直後に示談交渉を行う事はしません。完治後、もしくは症状固定後示談交渉が開始されます。

更に症状固定後は、後遺障害等級認定請求もしなければなりません。このような場合は、専門知識が無ければ手続きも行動もできません。最初から弁護士に依頼しておく事で、わからない事などいつでも相談でき、効率良く手続きを進める事が出来ます